当サイトは審査の甘いキャッシングに関する情報が満載です。
今一番大手で借りやすい消費者金融です

他社借入あっても借りれるメジャーな消費者金融

キャッシングした際、お金を返す時には利子分を含めての払いになるのは知っているはずです。

ローン会社は経営の利益を目当てとした企業ですから当たり前です。

とはいえ返済する方は、わすかでも少なく返したいと考えるのが本当の気持ちでしょう。

利息制限法が定められる一昔前は、30%近い利率返済していましたが、施行後は高利子でも年率18%位とかなり低く決められているので、とっても良くなったと思います。

現在のローンキャッシングの利息の範囲は4%位から18%位の範囲に決められていて、利用可能額により決められます。

使用可能額は借り主の信用度によって決まります。

総量制限により年の収入の1/3までと定められていますので、一年の収入がどれほどあるのか?どんな職についているのか?カードローンの利用状態はどうなのか?いろいろ調査され与信限度額としてキャッシングの内容が決まるのです。

カードを使ったキャッシングの場合使用可能金額が10万円~800万円(各企業で金額は違います)と広い幅があります。

そしてその幅の中で決定した使用可能金額により利率も決まるのです。

50万円なら年18%、300万円なら年率12%、800万円なら4%といった感じになるはずです。

結局、評価が上がれば、貸付可能金額も多くなり、利子も下がります。

この事実に疑問を受けるのは僕だけでしょうか?余談となってしまいますが、銀行又は金融機関にとって、これらの事実は問題がない事なのでしょうが、年収の多い人がお金の借入れが必要とは思えませんし、もしもキャッシングした時でも利率が良かろうが悪かろうがお金の返済に悩む事はないでしょう。

反対に一年の収入良くない人は直ぐにお金がほしいから融資を受ける人が大半です。

利率が多いと返済に悩むはずです。

ですから利用可能範囲の小さい人こそ低利子で活用できるようにすべきです。

これらは活用する視点からの考えです。

これらの事を考えると、利率を安くする為にはどのようにすれば良いのかぼんやりと感じたと思います。

実際、このようにして申請する人が多いので紹介しますと、キャッシングの手続きをする時、収入の1/3ぎりぎりいっぱいで申込みの手続きをするのです。

年収600万円なら200万円。

年収900万円なら300万円でそのカードローン審査で全額通ればそれだけ利子が低いクレジットカードを手に入れることができます。

とは言っても全額キャッシングしなければいけないという事はありません。

15万円でも30万円でも必要な額だけ使用可能です。

また最高利用可能額が300万円で最低利子7%位の金融会社も有りますので、その企業に申請すればその金融会社の最低利率で返済できます。

どうでしょうか?アプローチを変えるだけで低金利のキャッシングできるカードを持つことが出来るはずです。

自分の年収とカード業者の金利を比べて、考える事に時間を掛ければ、より望ましい契約で借りれるはずなので、きちんと調査するようにしてください。

専業主婦でも借りれる人気カードローン

中堅の借りやすい消費者金融

PR
借りれる情報
どうしても借りたいキャッシング最新記事
(09/11)
(08/21)
(07/11)
(06/19)
(06/18)
(04/24)
(03/26)
(03/23)
(03/06)
(03/05)
(02/12)
(01/26)
(01/17)
(12/08)
(11/21)
(11/08)
(11/03)
(10/24)
(10/24)
(10/13)
(09/25)
(09/14)
(08/23)
(08/08)
(08/04)
どうしても借りたいキャッシングブログ内検索
どうしても借りたいキャッシング携帯QRコード
どうしても借りたいキャッシングRSS
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © どうしてもお金借りたいキャッシング All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]