当サイトは審査の甘いキャッシングに関する情報が満載です。
激甘審査の消費者金融

500万円まで借りれるカードローン

キャッシングの利子がどこも似たり寄ったりなのはご存知の事と思いますが、それは利息制限法と言う規定により最大限の利率が定められているためです。

貸金業者などはその法律の範囲枠で独自に決めているので、同じような利息の中でも差が現れるサービスを提供しています。

ではその利息制限法とはどのようなものか見ていきたいと思います。

初めに上限範囲内の利息ですが、10万円未満の融資には年間20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は年間15%までと設けられていて、その範囲を上回る利子分は無効となるのです。

無効とは払う必要がないってことです。

にも関わらず昔は年25%以上の金利で取り交わす消費者金融会社がほとんどでした。

その訳は利息制限法に反しても罰則規定が存在しなかったためです。

さらに出資法による制限の年29.2%の利率が許されていて、その法律を盾に改められることは必要ありませんでした。

これらの利息制限法と出資法の間の利息の差の範囲が「グレーゾーン」と言われているのです。

出資法には罰則が存在します。

この上限利息は守られていたのですが、その出資法を用いる為には「お金の借入れ者が自らお金を支払った」という条件があります。

この頃、頻繁に行われている過払い請求はこれらのグレーゾーンの利息分を必要以上の支払いとして返却を求める要請です。

裁判でも出資法の前提が聞き入れられることはたいていなく、要求が承認される事が多いです。

最近では出資法の上限枠の利息も利息制限法と統合され、この事により消費者金融業の利率も同じようになっていると思います。

仮にその事を知らずに、上限範囲の利息を超過する契約をしてしまった場合でも、これらの契約が無効となり、上限枠の利息以上の金利を払う必要はありません。

そうであるにも関わらず繰り返し返金を求めるようなら弁護士か司法書士に相談しましょう。

これで請求されることはなくなります。

こっそり公開!お金儲けの裏情報を無料で配信

誰でも借りれる情報を無料で配信!





PR
借りれる情報
どうしても借りたいキャッシング最新記事
(09/11)
(08/21)
(07/11)
(06/19)
(06/18)
(04/24)
(03/26)
(03/23)
(03/06)
(03/05)
(02/12)
(01/26)
(01/17)
(12/08)
(11/21)
(11/08)
(11/03)
(10/24)
(10/24)
(10/13)
(09/25)
(09/14)
(08/23)
(08/08)
(08/04)
どうしても借りたいキャッシングブログ内検索
どうしても借りたいキャッシング携帯QRコード
どうしても借りたいキャッシングRSS
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © どうしてもお金借りたいキャッシング All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]