当サイトは審査の甘いキャッシングに関する情報が満載です。
(審査ゆるゆるで総量規制なしのキャッシング一覧)

某メガバンク系の審査の甘いキャッシング

・業界最大手だけど意外に審査が甘い

・総量規制なしです

・他社借入4件~6件程度なら大丈夫

・自営業、派遣、専業主婦でもOK

・年収の3分の1以上の融資が可能

・200万円までの融資は原則、パスポートや保険証のコピーだけでOK


某IT銀行系のカードローン(総量規制なし)

・審査の甘いIT銀行系のカードローンです

・総量規制はなしです

・つまり年収の3分の1以上可能

・おまとめローンも歓迎

・他社借入4件~7件でも可能

・専業主婦、自営業者、フリーターでも借りれる


某携帯電話系の銀行カードローン

・審査の甘い銀行系カードローンです

・総量規制なしで借りれます

・収入証明は不要です

・住基カードでも最近は借りれます

・専業主婦でも、フリーターでも、アルバイトでもニートでも借りれる

・即日の融資も可能です



(審査ゆるゆるで総量規制なしのキャッシングについて)

審査がゆるゆるのキャッシングは世の中に沢山あります。


しかし「総量規制なし」で審査がゆるゆるのキャッシングとなると、これは数が少なくなってきます。


「総量規制なし」でお金が借りれるキャッシングは主に銀行のカードローンに多いです。


銀行のカードローンは一般的に審査は厳しめと言われておりますが本当でしょうか?


色々な銀行カードローンの貸付条件を確認してみると、それほど審査が難しいとは思えません。

なぜなら、ほとんどの銀行カードローンは「アルバイトOK」、「パートOK」だからです。


つまり非正規雇用者でも借りれるわけですから審査が厳しいわけはありません。


少なくとも住宅ローンみたいな大掛かりなローンよりもはるかにお手軽で審査は通りやすいといえます。


だから、「銀行カードローンだからと審査は厳しい」・・・と勝手に決めつけたりせずに、まずは申し込んでみることが大事です。

カードローンに申込む事はタダですからね♪


総量規制対象外の安心銀行カードローン☆審査が甘い


PR
消費者金融の審査に落ちる人の一番多いタイプが年収3分の1以上既に他社で借りている人です

年収3分の1以上を消費者金融で借りている人は新規で更に借りる事が出来ません。

これは法律で決まっているからです。

しかし、例外もあって年収3分の1以上を既に借りている人でも、まだまだ借りれるところがあります

これは銀行ローンやおまとめローンに多いです


以下の銀行系消費者金融ローンは年収3分の1以上でも借りれるケースが数多くあります。これらは法律である総量規制対象外の消費者金融ローンです


年収3分の1以上でもOK☆審査の甘いキャッシング


地方銀行系のS銀行は年収3分の1以上でもOK


M銀行カードローン型のキャッシング
キャッシングで借りるなら総量規制対象外!

最近では総量規制外のキャッシングがすっかり定番となっております。

やはり年収の3分の1以上借りれるところはありがたいですからね!

既に何件もキャッシングで借りている人にとっては総量規制外のキャッシングはノドから手がでそうな融資先といえます


(総量規制外の審査の甘いキャッシング)

某メガバンクの銀行系キャッシング


某ネット銀行の銀行系キャッシング


某H銀行系のキャッシング


某地方銀行系のキャッシング
総量規制対象外のキャッシングを利用したいけど、銀行系や大手は審査が通らない・・・

総量規制対象外の銀行カードローンを申し込んだけど審査が通らなかった・・・・

中小で総量規制対象外のキャッシングがあったら是非使ってみたい!

そんな方は以下の中小のキャッシングが総量規制対象外で審査も激甘です。

中央リテールのおまとめローン


スマホ一本で借りれるキャッシング


上記のキャッシングならば確実でしょうね。
貸金業の総量規制が始まってからキャッシング会社などの貸金業者は個人に対する貸付については、その人の年収の3分の1を超える貸付をすることが不可能となってしまいました。

この場合の年収というのは、その個人が勤めている会社から受け取っている給料やボーナスの合計額をいいます。

これは1社のみのキャッシング会社からの融資金額だけでななく、複数のキャッシング会社から融資を受けた合計金額が3分の1を超えてはならないという決まりです。

個人がキャッシング会社から融資の申し込みを行った場合、キャッシング会社は信用情報に照らし合わせ、その申込人の貸付状況を調べて審査を行います。

その時、その申込人が年収の3分の1を超える融資を他社から既に受けている場合はアウトとなります!

しかし、そんなシビアな年収制限がある総量規制といえども除外される貸付や例外とされる貸付もありますので総量きせいについて
しっかり調べた上で貸付を受けるようにしましょう。

住宅ローンや自動車ローン、おまとめローン、事業者ローンなどは総量規制が対象外ですので年収の3分の1以上でも問題なくお金を借りる事が可能ですよ

【総量規制の対象外として借りれるキャッシングローン】

激甘審査のカードローン一覧顧客獲得に積極的で審査が甘い今のうちに借りてしまいましょう。年収3分の1以上の融資もOK


楽天スーパーローン昔から楽天系のキャッシングやクレジットカードは審査が甘くて借りやすいです。楽天銀行系故に総量規制は対象外。法改正後も有し可決率は良いです。最高500万円の融資限度額

横浜銀行カードローンのクイッキー
地方銀行のカードローンは穴場です。総量規制対象外です


総量規制には除外規定と例外規定の2つがあります。

この2つに当てはまる場合は年収の3分の1を超える場合もお金を借りる事が可能です。


では総量規制の除外規定と例外規定とは一体どんなものでしょうか?

まずは除外規定から解説します。

総量規制の除外規定による貸付とは規制の対象にならない貸付をいいます。

例をあげると・・・住宅ローンなどの不動産購入時や自動車購入時などの担保貸付けなどです。

これらは総量規制の貸付残高には含まれない事になります。

次に例外となる貸付について。
例外の貸付の場合は、除外規定とは違い総量規制の貸付残高の残高として参入されます。

しかし例外として年収の3分の1を超える貸付があっても、その超える部分において返済能力があると判断されれば貸付を受ける事ができます。

具体的に例をあげますと・・・年収300万円の方が3分の1にあたる100万円の貸付を受けている場合はそれ以上の貸付は原則的に受ける事ができません。

しかし例外的に緊急の入院費や医療費などで、もっとお金が必要になった場合例外規定により貸付を受ける事もできます。

他にも例外的に貸付が受けられるケースとしては顧客側が一方的に有利になる為の貸付(いわゆる借り換えやおまとめ一本化)

などの場合も例外規定として年収の3分の1を超えるお金を借りる事が可能です。

他にも配偶者(奥さんや旦那さん)と年収を合算して3分の1以内の貸付や、個人事業主(自営業向け)の貸付、預金している金融機関からお金を借りれるまでの間のつなぎ資金として借りる場合なども例外規定といえます。

【総量規制の対象外として借りれるキャッシングローン】

激甘審査のカードローン一覧顧客獲得に積極的で審査が甘い今のうちに借りてしまいましょう。年収3分の1以上の融資もOK


楽天スーパーローン昔から楽天系のキャッシングやクレジットカードは審査が甘くて借りやすいです。楽天銀行系故に総量規制は対象外。法改正後も有し可決率は良いです。最高500万円の融資限度額

横浜銀行カードローンのクイッキー
地方銀行のカードローンは穴場です。総量規制対象外です








総量規制とは、個別の借入金額について制限したもので、年間収入の3分の1にあたる額分までしか原則借り入れできないと規制した仕組みのことです。 中には部分的除外として原則外措置にあたいするものもあります。

大蔵省が各金融機関に対して1990年に行った行政指導です。 ねらいとしては不動産物件関係の貸し付け伸び率を総貸出価額の伸び率以下にしようとしたものです。 そのころオーバーしていた不動産価格の上騰を鎮めようとして行われたものです。 しかし果てとして前後してバブル期に入り、バブルを加速させる原因のひとつになったとも言われています。

そもそも貸付には4種類あります。 「個人向け貸付」や「法人向け貸付」、「個人向け保証」や「法人向け保証」です。 そしてこれらの中で総量規制の対象となったのは「個人向け貸付け」だけでした。

ただし個人目的でも産業用に元金を貸し付けする時には、総量規制の客体ではありませんでした。 具体的には貸付け事業主側が、50万円以上の貸付けを行う場合、他社とあわせて貸付け金額が100万円を上回る場合、個人に対して所得がわかる書面を差し出するように求めます。

これで事業主側は収入の3分の1以内の貸付け金額であるか、それを超えてはいないかをチェックします。

この所得証明を確かめして貸付け事業主が貸し付けを行わなかったり、建設中の工事が貸し付け打ち切りによって途中で休止になってしまったりしたことによって日本経済は鳴かず飛ばずしていくことになりました。

【総量規制対象外の審査の甘い消費者金融】
総量規制対象外のローン一覧
激甘審査のカードローン。顧客獲得に積極的で審査が甘い今のうちに借りてしまいましょう。年収3分の1以上の融資もOK


楽天スーパーローン
昔から楽天系のキャッシングやクレジットカードは審査が甘くて借りやすいです。楽天銀行系故に総量規制は対象外。法改正後も有し可決率は良いです。最高500万円の融資限度額
2010年の6月18日よりいよいよ総量規制が始まりました!!
『総量規制』とは自分の年収の3分の1の範囲でしかキャッシングやローンを組めない事をいいます。

つまりサラ金やローンといえども今までみたいに好きなだけバンバンとお金が借りれる事が出来なくなるという事です。

あくまでも自分の年収の3分の1(30%)以内が融資限度額の範囲内となります。

それ以上の金額をキャッシングやローンで借りることは不可能と考えてよいでしょう。

この総量規制については良賛否あります。
賛成とする人もいれば、反対している人も多くおります。

しかし「総量規制」は既に法律で決まってしまっておりますのでそれに従うしかありません。

具体例を挙げますと・・・サラリーマンのBさんの年収が300万円とします。

このBさんが消費者金融やカードローンなどでお金を借りたくなりインターネットのキャッシング比較サイトから融資の申し込みをしました。

さて・・・Bさんはいくらまでキャッシングやカードローンの利用ができるでしょうか?

答えは100万円の範囲内でお金が借りれます。

つまりBさんの年収300万円の30%=100万円が融資限度額です。
まぁBさんが通常の生活をしているのならば3分の1の100万円も借りれれば十分といえば十分な融資限度額です。

しかしもしBさんが既に他社から借りていた場合はどうでしょうか?!
例えばBさんが既に他社の消費者金融やカードローン等で100万円以上借りていた場合で更に事情によりお金が必要になった場合はどうでしょうか?!

この場合は原則的に1円も融資できないということになります。
つまり「総量規制の年収の3分の1」を既に超えている借金があるので他からは借りれないという事です。

おそらく他社借入のある人などは今回の「総量規制」は非常に迷惑で余計なお世話に見える事でしょう。

年収の3分の1を超えてしまし既に他から借りれない人は一体どうしたらいいのでしょうか?

ヤミ金なら借りれるかもしれません・・・。
しかし出来る事なら違法業者などからはお金を借りたくはないですよね!?

こんな感じで総量規制は色々と良賛否が分かれているのです。


次回に続く・・・


【総量規制の対象外のカードローン】
※なんと一部の銀行系のカードローンは総量規制の対象外で今までどおり柔軟に借りれます
ある意味穴場のカードローンですので審査の甘い今の内に借りてしまいましょう!!

住信SBIネット銀行カードローン
新しく登場したカードローン。顧客獲得に積極的で審査が甘い今のうちに借りてしまいましょう。年収3分の1以上の融資もOK
総量規制の対象外で比較的簡単に借りれます。パート、アルバイト、自営業、専業主婦もOK

借りれる情報
どうしても借りたいキャッシング最新記事
(11/08)
(09/11)
(08/21)
(07/11)
(06/19)
(06/18)
(04/24)
(03/26)
(03/23)
(03/06)
(03/05)
(02/12)
(01/26)
(01/17)
(12/08)
(11/21)
(11/08)
(11/03)
(10/24)
(10/24)
(10/13)
(09/25)
(09/14)
(08/23)
(08/08)
どうしても借りたいキャッシングブログ内検索
どうしても借りたいキャッシング携帯QRコード
どうしても借りたいキャッシングRSS
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © どうしてもお金借りたいキャッシング All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]